手のひらサイズのペンプロッタを作り続ける理由 他